施設を考える

合宿免許を徹底的に安く抑えることを考えるなら、基本の料金、食事を付けないなどがありますが、他にも施設にあまりサービスのないところを選ぶこともチェックしましょう。最近は集客のためにも合宿免許の施設をホテルにしたり、内装をし直してとてもいい感じにしているところもあります。また施設内にスポーツジムのような施設を作ったり、カラオケルームがあったりと、いろいろとお金をかけて集客努力をしています。

しかしそのためにはやっぱり経費も掛かっています。この辺のことを我慢して、古い施設や特に何の特典もない施設のかわりに、価格がとても安いという合宿免許施設もあります。ただただ価格にこだわるなら、あまり施設にお金をかけたようなところは避けることも1つです。ただし、もちろん施設にはお金をかけていても、料金にはそれが反映されていない合宿免許もあります。その辺をチェックして、施設の機能面やきれいさなどが揃っていても価格的に安いところがあれば、それが一番です。

このように施設を意識して、合宿免許を選択していくと、思ったより安いところを探すことができます。結局安くしたいということを一番に考えるなら、何かを削るという決意を持つことが必要だと言えるのです。1円でも安く免許を取得したいのであれば、どこよりも安く!1円でも安く!をモットーにしているような合宿免許施設の情報サイトなどもありますので、他と比較しながら時間をかけて探してみると良いでしょう。

食事を考える

徹底的に合宿免許の価格を抑えるためには、やっぱり基本的な料金が安いところを選ぶようにすることが重要です。そして次にいろいろなキャンペーンや特典などを上手に利用することです。そして次に考えることは食事の面であり、低価格を実現するためには必要なこと。単純に言ってしまえば食事を付けないパックを選ぶことです。

もちろんその合宿免許によっても違いますが夜や朝は食事有り、無しが選べます。ランチはサービスという場合があったり、選択できるものなどさまざまです。徹底的に価格を下げようと思うなら、やっぱり食事はすべてパス。しかし合宿免許の施設によってはランチや朝食を付けなくても、あまり価格的に変わらない場合もあるので、価格的なところをしっかりチェックしてから選ぶようにしましょう。

そして食事の考え方としてはやはり外食も結構費用が掛かるので、できればコンビニ弁当や合宿免許施設の近くにあるスーパーでおかずを購入するのもおすすめ。地方は価格も比較的安く、その地域ならではの味付けや素材も楽しめます。もし自炊ができる合宿免許であればご飯を炊くだけでも利用すれば、もっと安上がりに。お米も近くのスーパーで2キロ程度のものを購入しましょう。地方もお米も楽しむことができます。

価格で選ぶ合宿免許

合宿免許を利用しようとする場合、「早い」「安い」が最大の魅力です。もちろん一般的な免許取得に掛かる価格より、宿泊費を含めても安くなる場合がほとんど。やはり普通であれば毎日車に乗ることなど、なかなか予約が取れずに難しいもの。しかし合宿免許なら毎日教習してもらえることで、体の覚えもとても早いのです。そのため時間さえ許せば、合宿免許はとてもおすすめ。約2週間の滞在費も含めて、最近は20万~25万円と言われている中、最近では激安価格の合宿免許もたくさん出ています。

激安価格合宿免許では大体18万円~19万円台と、20万円を切るのは当然。その上、女性限定のサービスや期間限定サービス、AT車限定サービスなど、限定サービスでは15万円台の合宿免許まで登場。その上、いろいろな特典を利用すると驚くほど安くなるのです。

特典には学割がありますが、他にも自宅から教習所の施設までの交通費の負担などは、教習所によって全額支給や一部支給などがあります。また2人グループ、5人以上グループなどのグループ割も、なかなか大きな割引となっているようです。その上早割を利用してますますお得に。他にも食事を自炊に変えて、自分でファミレスやコンビニなどで済ませるようにすれば、相当低価格となるはずです。また価格的には変わらなくても、温泉無料券、ゲレンデ使用無料券、エステ利用無料券、スポーツジム無料券などがセットになっているものもあり、それらの価値を換算するととても安く利用できるということにもなります